• No : 622
  • 更新日時 : 2018/04/01 00:00
  • 印刷

冷凍品の銀ダラを解凍した際に、身がドロドロになっていた場合について

冷凍品の銀ダラを解凍した際に、身がドロドロになっていました。
カテゴリー : 

回答

ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。
 
ジェリーミートという現象でカレイやヒラメ、サケ、マグロなどにも見られます。原因はいくつかあります。
・粘液胞子虫という魚介類の寄生虫が持つ酵素の働きで、身がドロドロになってしまう場合があります。
この酵素による現象は、冷凍魚であっても、解凍や調理によって酵素が活性化すると起こります。
粘液胞子虫は人には寄生しない為、お召し上がりいただいても、問題ありません。
・産卵期のサケは、川を遡上する際、次第に痩せて細胞も死んでいきます。この細胞を分解する為に酵素が働きやすい状態になっています。冷凍したサケは、凍結の影響で細胞がもろくなっている為、解凍後に酵素の影響を受けて、ドロドロになってしまうことがあります。
・その他、原因がよく分からない場合もあります。
お手数ですが、お客様サポートセンターまでご連絡ください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください