• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 商品について 』 内のFAQ

55件中 21 - 30 件を表示

3 / 6ページ
  • 【れんこん】 ※画像あり

    水の子会のれんこんは、日本古来の在来種で、現在水の子会でのみで作られている品種です。 細長く赤褐色の肌が特長なことから、「熊本あか根れんこん」と銘打って、より多くの方々に食べていただきたいと考えています。 根が深くもぐる特性のため収穫作業は大変ですが、味が良いのでこの品種にこだわっています。黒っぽく見えるのは...

    • No:686
    • 更新日時:2017/04/26 17:54
  • 【葉物】 ※画像あり

    冬場の葉物は気温や品種によって葉が開きぎみに生育してしまうことがあります。 また水分を多く含んで柔軟性がない為に、箱詰の際に折れてしまう官可能性があります。 気を付けて箱詰めしていますが、あまりにひどい場合にはご連絡ください

    • No:685
    • 更新日時:2017/04/26 17:53
  • 【長ねぎ】 ※画像あり

    霜の影響で一部葉先が茶色く枯れているものがございます。取り除いてお使いください。 また、緑色の葉の表面にみられる斑点ですが、赤茶色っぽいものは「さび」と呼ばれる病気の一種で、白っぽいものは「ネギアザミウマ」という小さな虫による害です。 農薬の使用を控えた故の症状となります。程度の軽いものをお届けさせていた...

    • No:679
    • 更新日時:2017/04/26 17:48
  • 【かんきつ類】 ※画像あり

    らでぃっしゅぼーやの柑橘(かんきつ)は、農薬を控えているため、傷みが出やすくなっています。 皮の表面がすすのように黒いものや、かさぶた状の傷や汚れがついているものがございますが、天候の影響や病害虫によるもので品質には問題ありません。 生産者は、農薬を多く使用することよりも樹の健康を維持し、おいしいみか...

    • No:678
    • 更新日時:2017/04/26 17:48
  • トマトのベースグリーン ※画像あり

    へた周りが濃い緑色のトマトがあります。 緑がかっているので一見甘くないのでは?という印象を受けるのですが、このヘタまわりの濃い緑があるトマトは甘いトマトの目安にも使われます。 お手元に届いてすぐの状態では濃い緑色が目立つ場合がありますが、ヘタをうえにして常温で追熟されるとともに赤みをおびてきます。 ...

    • No:633
    • 更新日時:2016/07/29 10:04
  • 大根の中黒

    生育期に高温や干ばつで水分が少なかったり、逆に過湿になったり、微量要素として必要な「ホウ素」が足りなかったため生育障害が発生したものなどが考えられます。 それとは別に、雨などで大根の水分が多くなり、その後の温度変化で中が透明~薄紫色になる「水晶現象」と呼ばれる現象もあり、こちらは煮物などにはほぼ問題なくお使いい...

    • No:626
    • 更新日時:2016/07/29 10:01
  • 冷凍品の銀ダラを解凍した際に、身がドロドロになっていた場合について

    ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。 ジェリーミートという現象でカレイやヒラメ、サケ、マグロなどにも見られます。原因はいくつかあります。 ・粘液胞子虫という魚介類の寄生虫が持つ酵素の働きで、身がドロドロになってしまう場合があります。 この酵素による現象は、冷凍魚であっても、解凍や調理によっ...

    • No:622
    • 更新日時:2018/04/01 00:00
  • ヨーグルトが分離しているようです。

    分離した上澄みは乳清(ホエー)というもので、乳酸菌の発酵が進むと分離してくる自然のものです。乳清には水溶性のビタミン、たんぱく質、ミネラルが豊富に含まれます。 また、一般のヨーグルトは固形化をしっかりさせるためにゼラチンなどを使用する場合が多くありますが、らでぃっしゅぼーやのヨーグルトは乳酸菌の働きのみで固形化...

    • No:14
    • 更新日時:2018/04/01 00:07
  • 魚に虫が混入しているようです。

    御心配おかけして申し訳ありませんでした。魚につく寄生虫は、充分な冷凍や加熱などで死滅しており、人体に影響はないはずですが、次回、引き上げさせていただき、確認いたします。

    • No:12
    • 更新日時:2015/02/02 20:12
  • エコシュリンプとは?

    養殖池に人工飼料を投入し、高密度で養殖されたエビは、ひとたび病気が発生すると、その広がりを抑えられずに経済的損失が大きくなってしまいます。そのため、衛生管理の知識が不十分な生産者においては、抗生物質が過剰に使用されている場合もあります。 また、そうした集約型の養殖池はマングローブ林を伐採して作られたり、改造した...

    • No:8
    • 更新日時:2015/02/02 20:12

55件中 21 - 30 件を表示