• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

Info&News

『 商品について 』 内を 「 虫 」 で検索した結果

7件中 1 - 7 件を表示

1 / 1ページ
  • 葉物の虫食い ※画像あり

    畑やその周りには、蝶の仲間の幼虫やカタツムリなど、野菜を食べる生き物がたくさんいます。 農薬に頼らなく、かつ虫食いを最小限にする為に産地では畑全体をネットで覆うなど手をかけておりますが、収穫の為にネットを外すと直ぐにの侵入が開始され虫害は起こります。 完全に虫食いの無いものだけを作ることは難しく、産地では

    • No:634
    • 更新日時:2016/07/29 10:05
  • 魚に虫が混入しているようです。

    御心配おかけして申し訳ありませんでした。魚につく寄生は、充分な冷凍や加熱などで死滅しており、人体に影響はないはずですが、次回、引き上げさせていただき、確認いたします。

    • No:12
    • 更新日時:2015/02/02 20:12
  • 冷凍品の銀ダラを解凍した際に、身がドロドロになっていた場合について

    ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません。 ジェリーミートという現象でカレイやヒラメ、サケ、マグロなどにも見られます。原因はいくつかあります。 ・粘液胞子虫という魚介類の寄生が持つ酵素の働きで、身がドロドロになってしまう場合があります。 この酵素による現象は、冷凍魚であっても、解凍や調理によって酵素が活性化

    • No:622
    • 更新日時:2018/04/01 00:00
  • 【長ねぎ】 ※画像あり

    霜の影響で一部葉先が茶色く枯れているものがございます。取り除いてお使いください。 また、緑色の葉の表面にみられる斑点ですが、赤茶色っぽいものは「さび」と呼ばれる病気の一種で、白っぽいものは「ネギアザミウマ」という小さなによる害です。 農薬の使用を控えた故の症状となります。程度の軽いものをお届けさせていただいてい

    • No:679
    • 更新日時:2017/04/26 17:48
  • 【かんきつ類】 ※画像あり

    らでぃっしゅぼーやの柑橘(かんきつ)は、農薬を控えているため、傷みが出やすくなっています。 皮の表面がすすのように黒いものや、かさぶた状の傷や汚れがついているものがございますが、天候の影響や病害によるもので品質には問題ありません。 生産者は、農薬を多く使用することよりも樹の健康を維持し、おいしいみかんをお届けす

    • No:678
    • 更新日時:2017/04/26 17:48
  • 【キャベツ】表面にイボのようなものがあるのですが?

    キャベツの「かさぶた」です。風や虫食いなど、何らかの原因でキャベツに傷がついてしまったときに、キャベツが自分で傷をふさぐために物質を分泌し、ふさがった傷が盛り上がってコブやイボのような状態になります。 キャベツそのものですので、召し上がっていただいても問題ありません。もし気になるようでしたら、そぎ落としてください。

    • No:30
    • 更新日時:2015/02/02 20:12
  • エコシュリンプとは?

    。 らでぃっしゅぼーやのエコシュリンプは元々は植物が生育していた地域を切り開いて作られた伝統的粗放養殖池に稚エビを放流して育てています。海水の干満で水の入れ替えが行われ、人工飼料や抗生物質を使わず、水草を発酵させて発生させたプランクトンや池の中に棲む小さななどを餌にのびのびと育てられたものです。

    • No:8
    • 更新日時:2015/02/02 20:12

7件中 1 - 7 件を表示

商品について